パソコン個人レッスン・トラブル訪問・出張サービス!メール相談無料!ウィンドウズXPのサポートが終了して、windows8.1の時代へパソコンが簡単になりましたが、トラブルが起きたら解決ができないのは、基本知る機会がなかったからです。

アプリケーションとOSの違い



アプリケーションとOSの違いですが、パソコンを購入した時には、そんなこと考えて
購入してる人は、ごく一部の方だと思います。

アプリケーションもOSが何か知らなくても、インターネットもメールもワードもエクセル
も使えるのですから。

でもトラブルが起きたときに、どちらに問題があるのか分かるか、分からないかでは
解決方法が違ってきます。

あなたの周りに、「すぐパソコンを買い換える人」いませんか?「パソコンの調子が悪
くなったので、買ったよ」といってOSが変るたびに買い替えしてるのです。

基本的なことを理解するためにも、アプリケーションとOSの違いを覚えましょう!

ワード(Word)エクセル(Excel)に代表されるアプリケーションとOS(windows)は、全
く異なったものです。

ハードウェア上で動作するのがOSであり、その上で実行するのがアプリケーションで
す。メモ帳やinternet Explorer(インターネットエクスプローラ)もアプリケーションですが、最初
からOSが用意しているため、一般的にはOSの付属アプリケーションです。

一般的に、OSの入っていないパソコンは、ありませんしOSを入れ替えることもしませ
んが、アプリケーションは、OSにインストールして初めて使用できるのです。

最近のパソコンには、ワードやエクセル、画像ソフトなど、すでにインストール済みのパ
ソコンが主流のため、ユーザは勘違いするのだと思います。

アプリケーションは、インストールして使うものだと覚えておけばいいでしょう。OSも
パソコンを買い換えなくてもバージョンアップは可能です。

基本がわかるようになると、OSの動きが悪くなり、パソコンを初期状態の戻してバージョ
ンアップしたりできるようになることは、難しいことではありません。
運営者:夢幸企画
大阪市淀川区東三国3-9-13
児玉 雅敬
kao04.jpg
詳細プロフィールこちら

2014年10月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
seo great banner ブログランキング